iPhoneのバッテリー寿命をチェックする方法って?

iPhoneを長く使っていると、バッテリーの持ちが短くなったように感じることはないでしょうか。アプリの使い過ぎか、バッテリーの寿命なのか、そもそもバッテリーの寿命ってどのくらいなのかなど、わからないことも多いものです。

そこで、ここではiPhoneのバッテリーが劣化する理由や寿命をチェックする方法、バッテリー持ちが悪くなった時の対処法などについてわかりやすく解説しています。

iPhoneのバッテリーが劣化する理由

iPhoneのバッテリーが早く劣化するのには、以下のような理由が考えられます。

バッテリーを充電する回数が多い

iPhoneに限ったことではありませんが、充電式のバッテリーは、充電回数が増えるほどに劣化が早まる性質を持っています。

充電容量を使い切るぎりぎりで充電するよりも、まだ半分以上残っている状態でこまめに充電を繰り返した方が、実はバッテリーの寿命が縮まってしまうのです。

心当たりのある使い方をしている場合、通常よりもバッテリーの寿命を迎えるのが早くなっているかもしれません。

充電コードを挿しっぱなしにしている

充電が完了しているのに、長時間継続して充電を続けていることも、バッテリーを劣化させる原因になります。100%充電ができているにも関わらず充電を続けることは、バッテリーにとって負荷となってしまうからです。

充電が終わったら充電器やコードからiPhoneを外して使用するようにしましょう。

充電しながらiPhoneを使っている

意外とやりがちなことですが、充電しながらiPhoneを使うことも、バッテリーへの負荷を高める原因となってしまいます。

iPhoneのバッテリーに使用されている素材は熱に弱く、一定の温度を超えると劣化が早まってしまうためです。

充電中は、充電していない時より、iPhoneの温度が上昇しやすくなっています。充電中に容量の大きなアプリなどを使用することで、さらにiPhoneの温度が上昇してしまうのです。

充電中はできるだけiPhoneを使わず、充電が完了してから使うようにするとよいでしょう。

このほかにも、夏の炎天下に屋外で長時間使用する、電気毛布など暖房器具の近くで使用するなど、iPhoneの温度が上昇しやすい環境で使うことも、バッテリー劣化の理由となりやすいでしょう。

iPhoneの寿命を確認する方法

iPhoneのバッテリーが寿命を迎えているかどうかは、設定画面から簡単に確認することができます。確認する手順は以下の通りです。

1. iPhoneの設定画面を開く

2. 「バッテリー」の項目をタップする

3. 「バッテリーの状態」をタップする

「バッテリーの状態」を開くと、現在のパフォーマンスが新品の時と比べてどの程度低下しているかを確認することができます。

また、この時に「バッテリーの状態が著しく低下しています」といったアナウンスが表示される場合もあります。

アナウンスが表示されていたら、バッテリーの寿命が近づいており、交換時期を迎えているサインだと考えてよいでしょう。

このほかにも、Appleストアでバッテリーの状態を確認してもらう、バッテリーの寿命を測定するアプリを使うといった方法でも、寿命を調べることが可能です。

寿命ではないのにバッテリーの消耗が早いと感じたら

iPhoneのバッテリー寿命を確認して問題がないにもかかわらず、バッテリーの消耗が早いと感じる時は、以下の方法を試してみましょう。

使っていないアプリは終了させる

開いたアプリを終了させずに、複数起動させていると、バッテリーの消耗が早まる原因となります。

アプリを使い終わったらiPhoneのホームボタンをダブルタップして起動中のアプリを表示させ、上へスライドして終了するクセをつけるようにしましょう。

画面の明るさを調節する

iPhoneの画面を明るい状態で使用する方が、バッテリーの消耗は早くなります。

iPhoneの画面の明るさは、設定画面から「一般」を選択し、「アクセシビリティ」から「ディスプレイ調整」を選ぶと調節することが可能です。

画面の明るさを100%で使用しているなら、50%程度にまで下げるか、自動調節をオンにすることで、バッテリーの消耗を抑えることができるでしょう。

アプリのバックグラウンド更新をオフにする

iPhoneにインストールしているアプリのうち、容量の大きいもののバックグラウンド更新をオフにすることでも、消耗を抑えられます。

設定画面の「一般」から「APPバックグラウンド更新」をタップし、バックグラウンド更新をオフにしてみましょう。

ただし、この機能をオフにすると、アプリを起動する時しか最新状態に更新されなくなります。

よく使うSNSなどで、起動していない時にも更新通知を受け取りたい場合は不便なこともあるため、使い勝手と相談しながらオン・オフを選ぶとよいでしょう。

このほかにも、位置情報サービスや通知のオフにする、キャッシュのクリアなどでも、消耗を抑えることができます。

こうした方法を試してもバッテリーの持ちが悪いと感じるなら、バッテリーの交換を検討しましょう。

まとめ

iPhoneのバッテリーは熱に弱く、長時間充電したり、充電が残っている状態でこまめに充電を繰り返したりといった使い方が消耗を早める原因となります。

設定画面でバッテリーの状態を確認し、消耗を抑える対処法を試しても持ちが悪いと感じるなら、交換時期のサインだと考えてよいでしょう。