iPhoneが勝手に動く?ゴーストタッチを解説

iPhoneに触っていないのに、勝手に動いてしまう不具合は「ゴーストタッチ」と呼ばれています。ゴーストタッチは、どのような原因で起こるのでしょうか。

ここでは、ゴーストタッチが起きる原因や対処法などについて、わかりやすく解説しています。「自分のiPhoneでもゴーストタッチが起こっているかも?」と疑われる際の参考にしてみてください。

iPhoneのゴーストタッチとは

ゴーストタッチとは、iPhoneに触っていないのに、勝手に動作してしまう不具合のことです。まるで幽霊(ゴースト)がiPhoneを触っているかのような現象であるため、そのように呼ばれています。

iPhoneで以下のような現象が発生した場合、「ゴーストタッチ」が起きている可能性があるかもしれません。

画面が勝手に開いている

iPhoneの画面に触っていない状態で取り出した際に、待ち受け画面でなくホーム画面になっていたり、待ち受け画面でパスコードの入力画面になっていたりしたら、ゴーストタッチが起こっている可能性があります。

特に起動時パスコードの入力設定をしている場合、でたらめな数字を何度も入力したようになっていると、ロックがかかって起動できなくなってしまう場合があるため、とてもやっかいです。

誰かに電話をかけてしまっている

電話をかけた覚えがないのに、誰かに通話した履歴が残っていたり、「発信中」の画面になっていたりする現象も、ゴーストタッチではよく見かけます。

家族や友人ならまだ説明もできますが、仕事の取引先や上司に発信している場合や、深夜・早朝などに勝手に発信していて、青ざめてしまった経験を持つ人もいるようです。

SNSやチャットで勝手にテキストを送ってしまっている

SNSやチャットツール、ショートメッセージの送信画面が勝手に開き、文章が送信されているケースも、ゴーストタッチが原因の可能性があります。

多くの場合、意味のない文章や数文字のテキストのみ送信している場合が多く、送信された相手が心配して連絡してきて気づく場合も多いのです。

ゴーストタッチはiPhoneに限らず、Androidでも起きることがわかっています。ゴーストタッチを放置していると、パスコードロックなどでiPhoneが使えなくなるだけでなく、通話やテキストの誤送信など、他人にも迷惑をかけてしまうのが怖いところです。

ゴーストタッチが起きる原因は?

ゴーストタッチが起きてしまう原因としては、以下のようなものが考えられます。

画面の不具合

ゴーストタッチの原因として、もっとも考えやすいのが画面部分の不具合です。液晶の保護シールを貼る際に、小さなゴミやホコリが付着すると、誤作動を起こしやすくなります。

また、服のポケットなどにiPhoneを入れるなど、摩擦が起きやすい状況で歩いている時にも、ゴーストタッチが起きやすいでしょう。

単純に画面に何かが触れて誤作動を起こしている場合には、ゴミやホコリを取り除いたり、ポケットに入れないようにしたりすることで、ゴーストタッチを防ぐことが可能です。

ただし、お尻のポケットに入れて長い時間座り続けたり、水没や落下などで本体にダメージを与えたりした場合には、修理が必要かもしれません。

iPhoneの温度上昇による熱暴走

真夏の日中や直射日光の当たる場所で長時間操作する、暖房器具の側に放置するなどした場合にも、ゴーストタッチが起こることがあります。

iPhone本体の温度が上昇し過ぎると、内部の精密な機械にダメージが起こり、誤作動を起こす原因となるからです。

iPhoneの温度が下がることでゴーストタッチが起きなくなるケースもありますが、熱くなっていないのに不具合が起こる場合は、これも修理が必要かどうかチェックした方がよいでしょう。

相性の悪いアプリをインストールした

iPhoneに新しく何かのアプリをインストールした際、そのアプリを開いたり、同時に別のアプリを開いたりした際に突然強制終了したり、画面上で誤動作が起きたりすることがあります。

また、容量の大きなアプリを開いた際に処理が重くなり、タッチした動作に遅れて反応するといった不具合が起きるケースもあるでしょう。

インストールしたアプリに問題がある場合と、iPhoneの容量不足や最新の状態に更新していない、または更新直後にゴーストタッチが起きるなど、いくつかの原因が考えられます。

このように、ゴーストタッチは「画面の問題」「内部の問題」「熱暴走」「アプリや更新プログラムの不具合」など、さまざまな原因によって起こることがわかります。

ゴーストタッチが起きた場合の対処法

ゴーストタッチが起きたら、以下の方法を試してみましょう。

外的要因を取り除く

・再起動してみる

・保護フィルム内にゴミやホコリがあれば取り除く

・摩擦が起きやすいポケットへ入れない

・直射日光に当てない

・更新プログラムを最新の状態にする

・新しいアプリを削除してみる

・iPhoneの容量を増やすか、キャッシュクリアを試す

こうした対処で不具合が改善するか、一度様子を見てみましょう。

内的要因は修理で対応

もし上記の対処法でもゴーストタッチが起きる場合は、本体の修理が必要かもしれません。

Apple正規店か、iPhone修理に対応しているショップへ一度相談してみましょう。

iPhone修理に対応しているショップであれば、画面修理を行ってくれます。わたしは山梨の甲府に住んでいますが、残念ながら近くにApple正規店がないため、非正規のiPhone修理ショップを利用したことがあります。

甲府でiPhoneの画面修理をしたいとお探しの方でも、実際に調べてみるといくつか修理ショップがありますので、特に困ることはないでしょう。

まとめ

ゴーストタッチはiPhoneが勝手に動いてしまう不具合で、画面の問題や熱暴走、本体内部の故障など、さまざまな原因によって起こります。

自分でできる対処法を試してみても症状が改善されない場合は、早めに修理が必要か見てもらうことをおすすめします。