【2021年10月】iPhone13シリーズを徹底解説!

2021年9月に発売・予約開始したiPhone13シリーズ。12との違いやmini、Proなど、シリーズごとのスペックなども気になるところです。

ここでは、2021年10月時点におけるiPhone13シリーズのスペックや前作との違い、機種変におすすめのiPhoneモデルなどについて解説しています。

iPhone13ってどんなシリーズ?

iPhone13シリーズは「iPhone13」「iPhone13 mini」「iPhone13 Pro」「iPhone13 Pro Max」の4種類があり、前作のiPhone12シリーズと同じラインナップです。

2021年9月15日に開催されたApple社のオンラインイベントで発表され、9月17日に予約開始、24日に発売された、2021年10月時点で最新シリーズのiPhoneとなります。

iPhone12シリーズとの違いは?

iPhone13シリーズは、本体のサイズや有機EL画面などのスペックはiPhone12と変わらず、いくつかのカメラ機能とバッテリー機能、ストレージなどがグレードアップしています。

バッテリーの性能アップを除けば、12シリーズと比較して大きく変わった点は少ないかもしれません。

しかし、iPhone13シリーズのビデオ再生時間は、iPhone12シリーズと比較して2~8時間程度も延びています。バッテリーだけを目的に買い替えても満足度が高いといえるほど、13シリーズのバッテリー機能は向上しているのです。

機種変や買い替えで見るポイントは?

iPhone12やpixel5からの買い替える場合、iPhone13シリーズよりもiPhone14の発売を待った方がよいかもしれませんが、バッテリー機能を重視するなら買い替え検討もおすすめです。

iPhone11以前のモデルを所有している場合は、iPhone13シリーズへ買い替えることで、グレードアップが実感できるでしょう。

iPhone13シリーズの基本スペック

iPhone13シリーズの基本スペックは以下の通りです。

・iPhone13 mini

サイズ:5.4インチ有機EL

メモリー:128GB/256GB/512GB

カメラ:2眼カメラ(1,200万画素)

カラー:ブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED・ブルー・ピンク

・iPhone13

サイズ:6.1インチ有EL

メモリー:128GB/256GB/512GB

カメラ:2眼カメラ(1,200万画素)

カラー:ブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED・ブルー・ピンク

・iPhone13 Pro

サイズ:6.1インチ有機EL

メモリー:128GB/256GB/512GB/1TB

カメラ:3眼カメラ(1,200万画素)

カラー:グラファイト・シルバー・ゴールド・シエラブルー

・iPhone13 Pro Max

サイズ:6.7インチ有機EL

メモリー:128GB/256GB/512GB/1TB

カメラ:3眼カメラ(1,200万画素)

カラー:グラファイト・シルバー・ゴールド・シエラブルー

iPhone13シリーズはすべて5G、デュアルSIM対応となっています。

【目的別】2021年10月現在のおすすめiPhoneは?

上記の点をふまえて、2021年10月現在のおすすめiPhoneについて紹介します。「コスパ重視」「カメラ重視」「機能重視」の3つの目的に分けた、それぞれのおすすめは以下の通りです。

【コスパ重視派】根強いファンの多いiPhoneSEは指紋認証派にもおすすめ

コスパ重視で、機能はそこそこついていればよい、という人なら、第2世代のiPhoneSEがおすすめです。第1世代iPhoneSEの「サイズ感が好き」という根強いファンのうち、第2世代が発売されて買い替えた人も少なくないほど、スマホの基本的な機能は充分備えています。

カメラ性能を優先するならiPhone12 miniやiPhone13 miniもよいですが、指紋認証機能が欲しい場合はSEの1択となるでしょう。

カメラ重視派はストレージもたっぷりなiPhone13 Proを

カメラ機能重視派なら、現行のスマートフォンの中でもトップクラスのベンチマークスコアを誇るiPhone13 Proがおすすめです。

超広角・広角・望遠機能など、基本的なカメラ機能も12シリーズよりやや向上しており、バッテリー機能のグレードアップで、長時間のビデオ撮影などもストレスなく行えるようになっています。

1TBのストレージモデルも登場しており、ちょっとしたPC並みのスペックで使うことができるでしょう。

機能重視派は現在の所有モデルによっておすすめが分かれる

iPhone13シリーズが買い替えにおすすめかどうかは、現在所有しているモデルによって若干異なるでしょう。

iPhone11シリーズ以前のモデルか、同等のAndroid所有であれば、iPhone12シリーズと大きな価格の開きがなく、グレードアップしているiPhone13がおすすめです。

iPhone12シリーズを所有している場合は、バッテリーやストレージにメリットのある、iPhone13 ProかPro Maxがよいでしょう。

現在iPhone12 ProまたはPro Maxを使用していて、キャンペーン適用などキャリアから格安に購入できる場合を除き、バッテリー使用に問題がない場合は、iPhone14発売まで様子を見るのも1つの方法です。

判断に迷ったら、最寄りの携帯ショップなどで実物や操作性をチェックしてから検討するとよいでしょう。

まとめ

iPhone13シリーズは2021年9月に発売されたモデルで、「iPhone13」「iPhone13 mini」「iPhone13 Pro」「iPhone13 Pro Max」の4種類です。

カメラ機能とバッテリー、メモリーなどがiPhone12シリーズよりも向上していますが、現在iPhone12 Pro以上を所有しているユーザーなら、iPhone14の発売を待ってもよいかもしれません。

iPhone11以前モデルのユーザーにとっては、2021年10月現在、iPhone12シリーズと変わらない価格でグレードアップが実感できるiPhone13シリーズは、買い替えの価値が充分感じられるでしょう。

なお、コスパ重視派や指紋認証機能が欲しい派には、第2世代iPhoneSEがおすすめです。

判断に迷ったら、最寄りの携帯ショップなどで実物に触れたり、スタッフからアドバイスを受けたりして検討してみるとよいでしょう。