iPhoneからのデータ移行は簡単!方法と注意点を紹介

新しいiPhoneを購入した際、データ移行がスムーズにできるのかについて気になる人も多いのではないでしょうか。

使えないアプリが出てきたりしないか、引き継ぎがうまくいかずに設定し直しになったりしないかなど、データ移行には不安を抱きがちです。

ここでは、iPhoneから簡単にデータ移行する方法と注意点などについて、わかりやすく紹介しています。

iPhoneをデータ移行する方法と注意点

iPhoneのデータを移行するには、以下のような方法があります。

Bluetoothを使った直接転送「クイックスタート」

iPhone同士でデータ移行する際にもっとも簡単な方法が、Bluetoothを使った直接転送「クイックスタート」です。

バックアップなどの手間がかからず、iPhoneを並べて置いておくだけでデータ移行ができるため、便利な方法としておすすめです。

クイックスタートの注意点

「iOSのバージョンが12.4以上のiPhone同士であること」が条件となります。iPhone自体に内蔵されているデータ容量の大きさによっては、バックアップを利用しない直接転送を行った際、移行完了までにかなりの時間がかかってしまうことがあるため、注意が必要です。

iTunesまたはiCloudを使ったデータ移行

PCがある場合は、iTunesを使ってデータ移行することも可能です。新しいiPhoneをPCへ接続し、iTunesを起動させて、あらかじめバックアップしておいた古いiPhoneのデータを移行させます。

また、Wi-Fi環境下であれば、iCloudへ接続してバックアップデータを取り込み、データ移行させることも可能です。

iTunesまたはiCloudを使ったデータ移行の注意点

バックアップデータを移行させるため、古いiPhoneのバックアップを更新しておかないと、最新の状態が反映されません。

また、iTunesを使ってデータ移行する際には、暗号化についての設定変更が必要となる場合があります。

データ移行全般における注意点

Apple IDとパスワード、LINEなどのアカウント引き継ぎに必要なパスワードやメールアドレス情報などは、事前に引き継ぎできるように確認しておきましょう。

また、事前にアプリ側でのバックアップやバージョンの更新をしないと、完全に引き継ぎできない場合もあります。

Suicaなど、古いiPhone側からApple Payの登録データ削除が必要な場合は、削除してから新しいiPhoneで再度設定が必要です。

クイックスタートやバックアップで自動引き継ぎできるものと、個別に対応が必要なものに分けられるため、アプリごとにチェックしておくようにしましょう。

iPhoneのデータ移行手順を解説!

iPhoneのデータ移行の手順について、以下で詳しく紹介していきましょう。

クイックスタートによるデータ移行手順

クイックスタートの基本的な手順は以下の通りです。

1. 新しいiPhoneにSIMを挿入して起動する

2. 古いiPhoneを起動し、Wi-FiとBluetoothの接続ができていることを確認する

3. 新しいiPhoneの画面指示に従い「新しいiPhoneを設定」で「続ける」をタップする

4. 古いiPhoneのカメラで、新しいiPhoneに表示される青い円を読み取る

5. パスコードを入力し、Face IDまたはTouch IDを設定する

6. データ転送画面で「iPhoneから転送」を選択する

上記の手順で、クイックスタートによるデータ移行が開始されます。

iTunesによるデータ移行手順

iTunesを使ったデータ移行手順は以下の通りです。

1. iTunesがインストールされたPCと古いiPhoneを接続する

2. 初期設定と「今すぐバックアップ」を行う

3. バックアップ完了後、新しいiPhoneとPCを接続

4. 「バックアップを復元」をクリックする

上記の手順で、iTunesによるデータ移行が開始されます。古いiPhoneのデータを取り込む際は「同期」ではなく、必ず「バックアップ」を取ることがポイントです。

iCloudによるデータ移行手順

iCloudによるデータ移行手順は以下の通りです。

1. Wi-Fiに接続されていることを確認して、古いiPhoneの「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」→「iCloudバックアップ」をタップする

2. 「今すぐバックアップ」をタップする

3. 古いiPhoneのバックアップ完了後、新しいiPhoneを起動する

4. 初期設定→「Appとデータ」→「iCloudバックアップから復元」をタップする

バックアップの復元には、iCloudへのサインインが必要です。サインイン後は、画面の指示に従ってデータ移行が開始・完了します。

おすすめのデータ移行方法は?

上記3つのデータ移行方法のうち、どれがおすすめの方法となるかは、個人の環境によってことなります。

PCを持っていて、PC上にバックアップデータを保存したい場合はiTunes経由、

Wi-Fi環境が使えて、データ移行時の操作手順がシンプルな方法がいい場合はiCloud経由、

バックアップの手間をかけずに直接移行したい場合はクイックスタートがおすすめとなります。

まとめ

iPhoneからデータ移行する場合、iPhone同士で直接転送できる「クイックスタート」と、iTunesやiCloudでバックアップを取って移行する方法があります。

クイックスタートは、バックアップを取らずにBluetoothを使って直接データをやり取りできる点がメリットですが、容量によっては移行に時間がかかる場合があります。

iTunesやiCloud経由の場合は、バックアップデータが更新されていないと最新の状態が反映されない場合がある、という点で注意が必要です。

アプリの引き継ぎや、Apple IDにサインインする際に必要な情報などは事前に確認しておき、スムーズにデータ移行できるようにしておきましょう。