【2021年4月】目的別おすすめのiPhoneを紹介!

新しくiPhoneを購入するときにおすすめのモデルはどれがよいのでしょうか。「大きな画面がよい」「カメラをたくさん使う」「コスパ重視」など、目的によってもおすすめのiPhoneはことなります。

ここでは、2021年4月時点でのiPhoneについて、目的別におすすめのモデルを紹介しています。iPhoneのモデル別の特徴が知りたい際や、買い替え時に比較検討したい場合に役立つ内容となっています。

iPhoneのラインナップはいくつある?

初代のiPhoneから現行モデルまで、iPhoneのラインナップはいくつあるのでしょうか。

初代からiPhone12まで28モデルが存在

2007年6月に初代iPhoneが発売されて以降、2021年4月現在の最新機種であるiPhone 12シリーズまで、合計28モデルです。

とはいえ、初代iPhoneは日本国内では未発売となっており、2008年にソフトバンクから販売されたiPhone 3Gが日本では実質最初のiPhoneとなります。

その後iPhone 4を経て、2011年に発売された4SからiPhoneを使い始めた人も多いのではないでしょうか。

その後5、6、7…と新モデルが発売され続け、現在の最新モデルは12シリーズとなっています。

Appleや正規店での取り扱いはiPhone XR以降のみ

全28モデルも現存しているiPhoneシリーズですが、Appleや正規店で現在取り扱っているのは、iPhone XR以降のシリーズのみとなります。

もしiPhone XRよりも古いモデルを購入したい場合は、中古ショップやオークションサイトなどで探す必要があるでしょう。

【目的別】おすすめiPhoneはこれ!

iPhone Xやそれより以前のモデルでも、状態がよければ現役で使うことは可能ですが、ここでは取り扱いの多いiPhone 11シリーズ以降でおすすめのモデルに絞って紹介していきます。

目的別に「コスパ重視」「カメラ使い派」「スペックにこだわる」「コンパクト派」の4つに分けたおすすめモデルは以下の通りです。

【コスパ重視】iPhone 11・iPhone SE(第2世代)

iPhone 12シリーズが発売されてから、ぐっと本体価格が下がった11シリーズ。コスパ重視派なら狙い目のモデルです。

各キャリアでの取り扱いは少なくなっているものの、ahamoでは4万円台で購入可能となっており、Xシリーズ以前のモデルを使っている人なら充分なスペックを安く手に入れることができるでしょう。

iPhone SE(第2世代)も、ワイモバイルで5万円台から購入可能です。コンパクトながら11シリーズと同じチップが搭載されているため、こちらもコスパ重視の方におすすめです。

【カメラ使い派】iPhone 12 Pro・Pro Max

iPhoneのカメラ機能にこだわるなら、5倍の光学ズームレンジを誇る12 Pro Maxがおすすめモデルとなります。

光学ズームレンジ4倍のiPhone Proもカメラ機能は充実していますが、手ブレ補正や望遠カメラの光学ズーム機能、センサーサイズなどでは若干Pro Maxに劣ります。

どちらも5G対応で価格も大きく変わらないため、譲れないカメラ機能やサイズの大きさで選ぶのもよいでしょう。

【スペックにこだわる】iPhone 12 Pro Max

スペックにとことんこだわりたいなら、現行の最上位モデルである12 Pro Max一択でしょう。

5G対応に充実したカメラ機能、大画面など、現時点では申し分ないスペックですが、その分価格も高めです。

また、2021年秋には13シリーズが発売予定といわれているため、少し待ってから買い替えるのもよいかもしれません。

【コンパクト派】iPhone SE(第2世代)・iPhone 12 mini

女性や小柄な人、手の小さい人の間では、サイズの小さいコンパクトなモデルも根強い人気があります。

iPhone 11と同スペックが8シリーズのサイズ感で使える第2世代SEや、SEよりも更に小さいのに、ディスプレイは大きいデザインの12 miniがおすすめです。

どちらも他モデルに比べると安価に購入できるため、コスパ重視の人にもおすすめできるモデルといえるでしょう。

おすすめiPhoneはどこで購入できる?

上記のおすすめiPhoneは、以下のショップで購入することができます。

各種キャリアのショップ

ドコモやソフトバンク、ahamoやワイモバイルなど、各種キャリアによって取り扱っているモデルがことなります。

本体価格の割引サービスが使えるため、買い替えと同時に乗り換えを検討してみるのもよいでしょう。

ただし、新規契約や乗り換えの際には、プランについてもよく検討してから買い替えることをおすすめします。

Appleショップ

キャリアのプランは変えたくないが、欲しいモデルを扱っていない場合には、Appleで購入するのがおすすめです。

正規の価格となるため割高な印象がありますが、現在iPhoneを使用しているなら、下取りサービスを使用すれば、実質割引価格で購入することも可能です。

11シリーズから12シリーズへ買い替え、キャリアは格安SIMを利用、といった自由度の高い使い方や、各種サポートを利用したいなら、Appleで購入するとよいでしょう。

中古ショップ

ここで紹介したモデルよりも古いタイプを購入したいなら、中古ショップで探してみる方法もあります。

現行モデルの取り扱いもありますが、修理対応やコンディションなどはよく確認し、信頼できるショップで購入することが大切です。

まとめ

2021年4月現在購入できるiPhoneのうち、目的別におすすめのモデルを紹介しました。カメラ重視やコスパ重視など、目的によっておすすめのiPhoneはことなります。各種キャリアのプランや取り扱いのあるモデルもことなるため、譲れないポイントを押さえて、賢く買い替えたいものですね。